HOME >> 過払い金請求を、弁護士・司法書士に依頼するメリットとデメリット

過払い金請求を、弁護士・司法書士に依頼するメリットとデメリット

過払い金請求を、弁護士・司法書士に依頼するメリットとデメリット過払い金返還請求は、自力で行うことも不可能ではありません。

しかし、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼する方が良い場合も多くあります。

過払い金返還請求を、弁護士・司法書士に依頼した場合のメリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

以下に述べてみたいと思います。

また、「過払い金返還請求における弁護士と司法書士の違い」についてお知りになりたい方はコチラをご覧下さい。

無料安心相談のお問い合わせはコチラからどうぞ!

法律事務所豊富な相談実績!初期費用0円!相談無料!あなたのお金が返ってくる!
全国対応 24時間 365日受付!家族に知られない!
>>過払い金請求に特に強いプロの法律家が、あなたのお金を取り返してくれます!

弁護士・司法書士に依頼すると?

契約・和解などの法律行為や訴訟行為は本人が行うことが原則とされています。

過払い金返還請求を本人が行うことは可能過払い金返還請求も同じで、取引履歴の開示請求(個人情報保護法・貸金業法)から、和解交渉や訴訟定義まで、本人が行うことが可能となっています。

しかし、本人が過払い金を回収することができるとはいっても、貸金業者によっては「弁護士が介入しなければ返還はできない」などと理由をつけて、過払い金の返還を拒否することがあります。

また、訴訟になった場合には、貸金業者に取引履歴の開示を請求してから過払い金が実際に返還されるまでに半年〜一年ほどかかってしまうことになります。

その間に和解交渉を行ったり、裁判所にも何度も出廷する必要があるため、すべてを自分で行うには大変な労力が必要となります。

しかも、本人が必ずしも有利な交渉ができるとは限りません。

過払い金の返還交渉や訴訟手続きを専門にしている弁護士や司法書士一方、過払い金の返還交渉や訴訟手続きを専門にしている弁護士や司法書士は、毎月何百件もの貸金業者との返還交渉や訴訟手続きを行っているため、貸金業者とのやり取りがスムーズであり、本人が返還交渉を行うよりも金額や返還までの期間の点で有利になるのが通常です。

また、法律家に依頼した後はそれ以降、取立てが止まり、和解が成立するまでは返済もしなくてよくなります(返済してはいけなくなる)。

反面、弁護士や司法書士に依頼する場合には費用がかかります。

以下に、法律家に依頼した場合のメリットとデメリットについて述べてみます。

こうした点を十分に理解した上で、仕事等の都合で時間を割けない場合や過払い金の金額が大きい場合には、法律家に依頼した方が良いかもしれません。

弁護士・司法書士に依頼するメリットとデメリット

専門家に依頼するときのメリットとデメリットを比べてみましょう。


メリット

(1)取立て・返済がストップ
(2)和解交渉がスムーズ(多数の案件を手がけているため、基準が出来上がっている)
(3)和解交渉から訴訟手続き(場合によっては強制執行)まで、全てを任せることが出来る


デメリット

(1)費用がかかる

こうしてみると、デメリットはほとんどないともいえます。

弁護士や司法書士などの中には、過払い金の返還交渉や訴訟手続きを専門に行っている所もあります。

過払い金請求を、弁護士・司法書士に依頼するメリットとデメリットそのような専門家は毎月多数の交渉や訴訟手続きを行っているため、貸金業者との間に暗黙の了解があり、個人で返還交渉を行うよりも、金額の点や返還までの期間の点で有利になることが多くなります。

また、専門家に依頼した後は和解が成立するまで返済する必要がなくなるのも有利な点です。

専門家に依頼するための費用は、通常、着手金は無料・成功報酬は1社当たり2万円前後です。

その他、返還された過払い金額の20%程度を報酬として別途支払うことになります。

特に金額が大きい場合や推定計算を行う場合には、当初から弁護士などの専門家に依頼した方が良いでしょう。

当サイトでは、過払い金に強い弁護士・司法書士を厳選して紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

■関連記事
弁護士・司法書士費用は?
過払い金請求における、弁護士と司法書士の違い

あなたの過払い金をシミュレーションしてみましょう

過払い金返還請求について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名・無料で相談したい・・・という方は、当サイトユーザーにも一番人気の街角相談所-法律-」借金解決相談シミュレーターをご利用されてみてはいかがでしょうか?

街角相談所-法律-街角相談所-法律-は、匿名で借金解決相談シミュレーターが利用できます。たった5つの質問に答えるだけで、

「あなたに過払い金が発生しているかどうか?」

「そしてそれはいくらくらいあるのか?」

「いくらお金が戻って来るのか?」

「ブラックリストに載るのか?」

などについてシミュレーションしてくれます。
実名・住所の入力は必要ありません。

過払い金請求するに当たってどの法律事務所を選べばいいのか本当に迷うと思いますが、最小限の情報で利用者にとって一番良心的な法律事務所を探せるサイトとして口コミで評判が高いのが街角相談所-法律-です。

たった5つの質問に答えるだけで、自分の過払い金の有無、回収金額の概算が把握できる「借金解決シミュレーター」を使って、過払い金をシミュレーションしてみましょう。

管理人の私も実際にこの街角相談所-法律-を利用して、過払い金の有無調査・適切な法律家の紹介・金額計算をしてもらいました。そして過払い金返還請求に無事成功しました。
>>管理人の過払い金請求体験談
当サイトランキングユーザーにも一番人気で、大変おすすめのシミュレーターです。

過払い金返還請求に強い法律家ランキング
【過払い金返還請求に強いおすすめ法律家ランキング】


■関連リンク
管理人(私)の過払い金返還請求体験談
過払い金・借金解決相談シミュレーター
過払い金返還請求をしたら住宅ローンが組めなくなるの?
過払い金返還請求をした場合、クレジットカードやキャッシングは使えなくなるの?
返済し終わっていれば、請求は確実に可能
過払い金返還請求の時効について(期限はいつまで)
過払い金は返済途中でも請求できる
借金が残っている場合、過払い金返還請求はできるの?
返済途中に過払い金返還請求をしたら、ブラックリストに載るの?
延滞していても過払い請求はできる
過払い金 シミュレーション
過払い金返還請求成功者の体験談

無料安心相談のお問い合わせはコチラからどうぞ!

法律事務所豊富な相談実績!初期費用0円!相談無料!あなたのお金が返ってくる!
全国対応 24時間 365日受付!家族に知られない!
>>過払い金請求に特に強いプロの法律家が、あなたのお金を取り返してくれます!

過払い金請求における、弁護士と司法書士の違い

過払い金返還請求を代理人に依頼する場合、弁護士と司法書士のどちらに頼めば良いか迷いますよね。過払い金と借金の総額が140万円を超える場合は司法書士には扱えない事件となります(弁護士法第七十二条による)。140万円を超えそうな場合には最初から弁護士に依頼すると良いかもしれません。
>>次の記事へ

過払い金シミュレーター【あなたの法律相談Cafe】


あなたの法律相談Cafe


匿名&無料で相談ができる法律の専門相談所
過払い金返還請求について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名・無料で相談したい・・・という方は、「あなたの法律相談Cafe」借金無料減額診断をご利用されてみてはいかがでしょうか?

【あなたの法律相談Cafe】では、匿名にて借金無料減額診断が利用できます。たった4つの質問に答えるだけで、過払い金の有無、回収額の概算をシミュレーションしてくれます。
実名・住所の入力は必要ありません。

当サイトユーザーにもとても人気の過払い金解決相談シミュレーターです。
※債務件数が「1件」の場合はご利用になれません。他のおすすめ法律事務所にご相談下さい。
他のおすすめ法律相談所>>

あなたの法律相談カフェ