HOME >> 過払い金返還請求は一体いつまで続くのか?時効はいつ来るのか?

過払い金返還請求は一体いつまで続くのか?時効はいつ来るのか?(2017年現在)

過払い金返還請求は一体いつまで続くのか?時効はいつ来るのか過払い金返還請求の時効は2016年〜2017年初頭と言われてきました。

しかし、実際のところ今現在継続して続いています(2017年8月24日加筆修正)。

一体いつになったら時効が来るのでしょうか。

そしていつまで続くのでしょうか。

無料安心相談のお問い合わせはコチラからどうぞ!

法律事務所豊富な相談実績!初期費用0円!相談無料!あなたのお金が返ってくる!
全国対応 24時間 365日受付!家族に知られない!
>>過払い金請求に特に強いプロの法律家が、あなたのお金を取り返してくれます!

過払い金請求の時効はいつくる?

これから、過払い金の返還請求をしようと思っている方にとって心配なのが、その請求の時効期限

過払い金請求の時効はいつくる?過払いの返還請求の時効は10年と定められているため、過払い返還請求の対象となる利息制限以上の金額で貸付を行っていた2007年以前から今年2017年で10年を迎えることになります。

自分が過払い金返還請求をする場合、「もう遅いかも?」と頭を抱えている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、過払い返還請求がいつまで続くのかと言う問題について見ていくことにしましょう。

過払い金返還請求と時効の関係

過払い金の返還請求の請求可能期間は、10年と決まっています。

過払い金返還請求と時効の関係しかし、これは最終取引から計算して10年です。

仮に2007年に借金を完済している場合、その返還請求は2017年に時効を迎え、その後一切請求はできなくなります。

一方、2017年まで継続して返済が続いている場合には2027年まで返還請求が可能となります。

過払い金の返還請求の時効は確かに10年ですが、借入金の返済期間が長く続いていればいるほど、過払い返還請求の時効は伸びると言うことになります。

まずは、自分の取引時期を確認してみよう

「過払い返還請求と時効の関係」でも記載した通り、過払い金の返還請求の時効は10年であるため、自分が取引した過去の時期を確認することがまず必要と言えるでしょう。

取引履歴最終取引の時期が2006年と言う場合には2016年にすでに時効を迎えてしまっているため、どんなに過払い金が発生した事実があっても、過払い金の返還請求はできません。

また、最終取引の時期が2007年、2008年と言う場合には、2017年、2018年以降は過払い返還請求ができなくなってしまいます。

取引月日をしっかり見極めた上で、早めに過払い返還請求をすることが必要と言えるでしょう。

しかし、過去の借入時期に関しては、貸付契約、返済明細などの書類が手元に残っていないことも多く、はっきり記憶にないこともあるでしょう。

そのような場合に役立つのが、「取引履歴の開示請求」です。

取引履歴の開示請求は個人でも簡単に行えます。

過去取引のあった消費者金融に情報の開示をお願いすることで、取引状況の詳細が分かります。

正式に、過払い返還請求をする場合にも、この詳細な取引状況の確認は必要な作業の一つですので、さっそく取引履歴の開示請求をしてみると良いでしょう。

個人での取引履歴開示請求には注意が必要!!

貸金業者は過去の取引履歴を記録し、保管しておく義務があります。

そのため、取引履歴の開示請求は個人でも簡単に行えます。

取引履歴の開示請求電話や直接訪問し「過去の取引内容を確認したい」と告げることで、情報を開示してもらうことができます。

ただし、そこでもらえる、または送られてくる取引履歴の開示方法は金融会社によってまちまちです。

法定利率で引き直し計算されていないものを提示してくれるケースもありますし、引き直し計算がされているもの、業務帳簿そのものなどを開示する場合もあり、素人目では利率や再取引などを把握しにくいものも少なくありません。

また、個人で取引履歴を開示請求する場合、すぐに発行してくれず、1か月以上かかってしまうと言う貸金業者もあります。

法律の専門家過払い金の返還時効が迫っている場合、余計に専門家に送るものと異なり、分かりにくい取引履歴を提示してきたり、取引履歴を郵送してくるまでに時間をかける業者もありますので、注意が必要です。

自分の取引していた時期が分からず、もしかしたら時効が迫っているかもしれないと言うのであれば、やはり法律の専門家に取引履歴の開示請求をする前から相談してみると良いでしょう。

過払い金請求に実績のある法律の専門家であれば、貸付業者ごとの開示状況を把握していますし、またスムーズに過払い金請求に移ることのできる情報を提供するよう促してくれますので時効前に過払い金請求することが可能となります。

過払い金返還請求は終息を迎える!?

クレジット会社や消費者金融会社が今までに過払い金返還請求を受け、払い戻した金額は累計で6兆円越と言われています。

今後は過払い返還請求も減少傾向に転じるクレジット会社や消費者金融はこの過払い金返還に追われ、悩みの種でもあったのですが、オリコをはじめとする消費者金融会社の発表では、CMなどで過払い返還請求の認知度が上がったこともあり2014年以降は件数、金額とも横ばい状態が続いているようです。

しかし、法定金利内での貸し付けが始まった2007年から2017年で時効の10年を迎えることもあり、「今後は過払い返還請求も減少傾向に転じる」と予想されています。

必然的に返還請求の時効を迎える方が増加すると考えられるためです。

この返還請求のピークはここ1・2年で沈静化するとの見通しもあり、まだ過払い金返還請求をしていない方の大半がこの1・2年で時効を迎えると予測されています。

過払い返還請求がまだの方はお早めに!

前述した通り、まだ過払い返還請求を行っていない方の多くは、今後1・2年が過払い金請求の最後のチャンスです。

時効を迎えてしまえば、例え過払いが生じていても返還されることは一切ありません。

早めに過払い金請求を「2007年ごろに取引したことがある」「過去に長い期間、借り入れがあった」と言う方はできるだけ早めに過払い金の返還請求を行ってみると良いでしょう。

詳細な資料が手元になくても、過払い金請求は可能です。

取引履歴の開示請求を行うことで、時効までの期間や過払い金の発生状況を確認できます。

戻ってくるべきお金が戻らなくなってしまうなんて、本当にもったいないですよね。

過払い金をしっかり取り戻すためにも早めに過払い金請求を行いましょう。

あなたの過払い金の現状を知るためには、診断が無料で行える「借金解決シミュレーター」街角相談所-法律-が大変便利です。

診断は「無料・匿名」で行えます。気になる方は是非一度使ってみましょう。

「過払い金返還請求」はまだまだ続いています。

街角相談所-法律-過払い金返還請求はまだまだ続いています。
あなたが過払い金返還請求が可能かどうか?過払い金がいくら返ってくるのか?
また、ブラックリストに入る可能性はないか?
当サイトおすすめの街角相談所-法律-」の「借金解決シミュレーター」を使って確かめてみてください。
5つの質問に答えるだけで判ります。

管理人の私も、この街角相談所-法律-の「借金解決シミュレーター」を使って、無事過払い金を取り戻しました。
>>「管理人の過払い金返還請求体験談」

ご利用は無料、匿名(実名・住所は必要ありません)でお使いいただけます。
是非一度お試しください。

管理人の私も実際にこの街角相談所-法律-を利用して、過払い金の有無調査・適切な法律家の紹介・金額計算をしてもらいました。そして過払い金返還請求に無事成功しました。
>>管理人の過払い金請求体験談
当サイトランキングユーザーにも一番人気で、大変おすすめのシミュレーターです。

過払い金返還請求に強い法律家ランキング
【過払い金返還請求に強いおすすめ法律家ランキング】


■関連リンク
過払い金返還請求の時効について(期限はいつまで)
過払い金は返済途中でも請求できる
借金が残っている場合、過払い金返還請求はできるの?
返済途中に過払い金返還請求をしたら、ブラックリストに載るの?
延滞していても過払い請求はできる
返済し終わっていれば、請求は確実に可能
過払い金 シミュレーション
過払い金返還請求成功者の体験談
過払い金に強い法律事務所ランキング

無料安心相談のお問い合わせはコチラからどうぞ!

法律事務所豊富な相談実績!初期費用0円!相談無料!あなたのお金が返ってくる!
全国対応 24時間 365日受付!家族に知られない!
>>過払い金請求に特に強いプロの法律家が、あなたのお金を取り返してくれます!

過払い金が発生するケースとしないケースがある?

過払い金が発生するケースとしないケースがある?過払い金は、様々な条件により、返ってくる場合と返ってこない場合があります。例えば、借入金を完済できない場合や完済後10年が経過している場合などです。それらパターンについて解説します。
>>次の記事へ

過払い金シミュレーター【あなたの法律相談Cafe】


あなたの法律相談Cafe


匿名&無料で相談ができる法律の専門相談所
過払い金返還請求について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名・無料で相談したい・・・という方は、「あなたの法律相談Cafe」借金無料減額診断をご利用されてみてはいかがでしょうか?

【あなたの法律相談Cafe】では、匿名にて借金無料減額診断が利用できます。たった4つの質問に答えるだけで、過払い金の有無、回収額の概算をシミュレーションしてくれます。
実名・住所の入力は必要ありません。

当サイトユーザーにもとても人気の過払い金解決相談シミュレーターです。
※債務件数が「1件」の場合はご利用になれません。他のおすすめ法律事務所にご相談下さい。
他のおすすめ法律相談所>>

あなたの法律相談カフェ