過払い金請求はまだ続いています。体験談・口コミ・解説。

過払い金請求に成功しよう。過払い金請求の体験談

過払い金は戻ってくる

過払い金請求の時効について

投稿日:

過払い金請求の時効について

過払い金請求の時効について

過払い金の時効について既に返済を完了している方が、過払い金請求をおこないたいと思っても、すべての方が過払い金請求できるわけではありません。

過払い金請求には、返還請求をする期間が法律で定められており、その期間を過ぎてしまった場合には過払いの請求ができなくなります。

過払い金の請求は、「債権」という権利に相当します。

そのため、過払い金を消費者金融側に請求する場合、この「債権」の消滅時効が適用されます。

人にものを請求する際の債権の消滅時効は10年となっており、民法に基づいてこの期間請求をおこなわなければ、債権の権利自体がなくなることになります。

過払い金請求は一体いつまで続くのか?時効はいつ来るのか?

過払い金の時効はいつから計算する?

過払い金の時効は10年過去に、過払い金の返還請求権が10年と決まってはいるものの、どの時点から10年かということで議論がありました。
ですが、今では多くの判例により、過払い金の債権の消滅時効10年のスタートがしっかり定められています。

カウント開始されるのは、返済が完了した日からとなっています。
ですから、借り入れ日や返済中の期間が例え10年以上前だったとしても、最終返済日から数えて10年たっていなければ、過払いの請求はできることになります。

また、いったん返済が終了し、また同じ業者から借り入れをおこなった場合にも、最終借り入れの返済完了日から10年が経過していなければ、双方の過払い金請求が可能です。

しかし、この2つの借入期間の間隔が長い場合には、2つの取引が継続していると判断されないので返還請求できない場合があります。
数か月以上の間隔があいている場合には前の返済については請求が難しくなります。
裁判所の判断などで見解が分かれていますので、このようなケースの場合には、専門家に相談してみるといいでしょう。

過払い金請求は一体いつまで続くのか?時効はいつ来るのか?

>>管理人(私)の過払い金請求体験談

過払い金請求に強い法律家ランキング
【過払い金請求に強いお薦め法律家ランキング】

■関連リンク
過払い金請求は一体いつまで続くのか?時効はいつ来るのか?
管理人(私)の過払い金請求体験談
返済し終わっていれば、請求は確実に可能

過払い金請求成功者の体験談
過払い金に強い法律事務所ランキング
過払い金が発生する条件

無料安心相談のお問い合わせはコチラからどうぞ!

法律事務所豊富な相談実績!初期費用0円!相談無料!あなたのお金が返ってくる!
全国対応 24時間 365日受付!家族に知られない!
>>過払い金請求に特に強いプロの法律家が、あなたのお金を取り返してくれます!

自分の借りた金額を覚えてないけど、過払い金請求はできる?

過払い金の発生する借入事例の多くは、およそ5年から10年も前の取引となります。
そのため、借主が借入時の契約書や取引明細書を保有していないことも多く、完全に紛失しているケースも少なくありません。

-過払い金は戻ってくる

Copyright© 過払い金請求に成功しよう。過払い金請求の体験談 , 2022 AllRights Reserved.