過払い金請求はまだ続いています。体験談・口コミ。過払い金請求の方法について解説します。

過払い金請求に成功しよう。過払い金請求の体験談

過払い金は戻ってくる

借りたお金は「返す」お金、金利は「支払う」お金

投稿日:

借りたお金は「返す」お金、金利は「支払う」お金
借りたお金は返すものですが、利息は「返す」ものではなく「支払う」ものなのです。
この違いをしっかりと認識しておいてください。

過払い金請求に強い法律家ランキング
【過払い金請求に強いお薦め法律家ランキング】

貸したお金を返済してもらうことは、これは全く違法でもなんでもありません。
しかし、「支払う」利息の額は、法の定めた範囲内でのみ支払われるべきしかし、「支払う」利息の額は、法の定めた範囲内でのみ支払われるべきなのです。
食べるためのお金が無ければ、将来支払う利息が100%だろうが、150%だろうが、人はお金を借りてしまうものです。

こういった人間の弱みをフォローするために、利息制限法は利率を厳しく「価格統制」し、20%を超える利息の支払いを禁止したのです。

しかし貸金業者側は、29.2%の法定利息を超えないと刑事処罰を受けないことを理由に、
20%~29.2%の間=グレーゾーン金利で貸し付けを続けてきたのです。

利息制限法の定める法定金利(20%)を超過して貸金業者が支払いを受けたお金はすべて違法な利益です。

そして借り主は支払ったお金を即刻返してもらえる権利があります。その返してもらえるお金は消費者金融やクレジット会社に「支払いすぎた」お金であることから「過払い金」といいます。

消費者金融の利息は、今も昔も違法。そして、10兆円もの大金を貯め込んだ

驚いたことに大手以外の中小の消費者金融業者は、今でもこの違法な金利で営業を続けています。

消費者金融を一度でも利用したことのある人は2300万人近く、現在でも消費者金融に返済を続けている人は1100万人近くいます。

平均の借入期間は6~5年、10年以上借入と返済を続けている人は30%近くになります。消費者金融は、これだけたくさんの人々に長い間違法な金利でお金を貸し付けし、返済させてきました。

そして、違法に稼ぎ、貯め込んだ「過払い金」は、業界全体でなんと10兆円を超えているのです。
こんな非合理を、このまま放っておくわけにはいきません。

消費者金融・カード会社の利息は、今も昔も違法。そして、10兆円もの大金を貯め込んだ

驚いたことに大手以外の中小の消費者金融業者は、今でもこの違法な金利で営業を続けています。

消費者金融を一度でも利用したことのある人は2300万人近く、現在でも消費者金融に返済を続けている人は1100万人近くいます。

平均の借入期間は6~5年、10年以上借入と返済を続けている人は30%近くになります。消費者金融は、これだけたくさんの人々に長い間違法な金利でお金を貸し付けし、返済させてきました。

そして、違法に稼ぎ、貯め込んだ「過払い金」は、業界全体でなんと10兆円を超えているのです。
こんな非合理を、このまま放っておくわけにはいきません。

借金はもうゼロになっている。そしてお金が戻ってくる

借金はもうゼロになっている。そしてお金が戻ってくる消費者金融やクレジット会社との借り入れと返済が、6~7年以上続いていれば借金は既になくなっているはずです。それ以上、長く貸金業者とつき合いが続いている人は、返す必要の無いお金、つまり過払い金をサラ金に払い続けているのです。

例えば10年間、消費者金融を相手に貸し借りを続けているとおよそ50万円近い過払い金が発生しています。

すでに完済して、過払い金の対象者となっている借り手の数はおよそ500万人を超えます。そして50万円以上戻ってくる人は、なんと350万人にもなります。

消費者金融業者は、利用者が知らないことをいいことに、違法な金利でお金を貸し付け、違法に高い利息を取って返済を続けさせているのです。

黙っていても返ってこない。自分の借金を取り返そう

もし、あなたが消費者金融やクレジット会社相手に3年以上借入と返済を続けているとしたら、ご自分の借金を見直してみるべきです。借金は必ず減ります。

しかし、未だに多くの消費者金融業者は、違法な利益であることを知りつつも、居直って違法な金利で貸し付けを続けています。

こんな悪徳消費者金融業者が、自らすすんで「余計に受け取ったお金があるので返却します」などと殊勝に言ってくるわけがありません。

過払い金を受け取る権利のあるおよそ500万人の借り手のひとりひとりが自らの権利を自覚して、目を覚まし、立ち上がり、請求をしてやるしかありません。

過払い金の回収は、有効な「再挑戦」

多重債務に追い込まれ「負け組」に陥っている借り手は、明らかに違法金利の被害者です。

ところが、消費者金融やクレジット会社への返済に苦しんでいた借り手にも「再チャレンジ」のチャンスが今与えられました。それが、「過払い金の回収」なのです。

グレーゾーンが消えても、過払い金の請求は可能

グレーゾーンが消えても、過払い金の請求は可能2010年6月に「グレーゾーン金利」は廃止されました。
しかし、グレーゾーンの廃止によって、消費者金融が違法に貯め込んだ過払い金およそ10兆円の返還義務がなくなることはないのです。

ぜひあなたも、高金利から自らを解放するチャンスをつかんでください。

そして、払いすぎた借金を取り返して消費者金融とクレジット会社にギャフンといわせてやりましょう。

過払い金請求に強い法律家ランキング
【過払い金請求に強いお薦め法律家ランキング】

■関連リンク
管理人(私)の過払い金請求体験談
過払い金請求は一体いつまで続くのか?時効はいつ来るのか?
グレーゾーン金利って?
返済し終わっていれば、請求は確実に可能
過払い金 シミュレーション
過払い金請求成功者の体験談
過払い金に強い法律事務所ランキング

過払い金の時効について

既に返済を完了している方が、過払い金請求を行いたいと思っても、全ての方が過払い金請求できるわけではありません。
過払い金請求には時効があることを認識しておきましょう。

-過払い金は戻ってくる

Copyright© 過払い金請求に成功しよう。過払い金請求の体験談 , 2022 AllRights Reserved.