過払い金請求はまだ続いています。体験談・口コミ・解説。

過払い金請求に成功しよう。過払い金請求の体験談

金融業者別対応状況

CFJ(ディック)の過払い金請求現状・対応状況

投稿日:

貸金業者別過払い金請求現状・対応状況
>>過払い金請求は続いています。あきらめるのはまだ早い。

無料安心相談のお問い合わせはコチラからどうぞ!

法律事務所豊富な相談実績!初期費用0円!相談無料!あなたのお金が返ってくる!
全国対応 24時間 365日受付!家族に知られない!
>>過払い金請求に特に強いプロの法律家が、あなたのお金を取り返してくれます!

CFJはアメリカのシティグループの消費者金融業3社が統合し、2003年に発足した企業で、正式にはCFJ株式会社と言います。その企業ブランドの一つがディックです。その後経営円滑を図るため、同社サービスであるアイクがディックに統一化されています。

CFJ(ディック)の現状その後CFJ(ディック)は消費者金融業の時代変化と、シティグループの経営悪化の影響を受け、大手消費者金融業の中でも大幅に事業を縮小させました。現在では、新しい貸付業務を行っていません。

今まで営業を行っていた店舗も閉鎖され、実質廃業と言える状態です。

そのため、過払い金請求に関しても、提示額が年々減少傾向にあり、ここ最近の返還率は約4割程度となっています。

CFJと以前取引があり、過払い金の請求を考えているのであれば、できるだけ早めに請求の申請を行った方がいいでしょう。

また、ディックはもともと一企業でCFJと統合する前に、消費者金融マルフクを買収しています。

マルフクからディック、CFJと取引がある場合10年から20年の取引となりますが、マルフク時代の取引履歴は保管されていない場合があるので法律の専門家の手を借りるのが賢明と言えるでしょう。

他の消費者金融業同様、高額での返済を求めるのであれば、裁判を起こして回収する必要がありますが、貸付業務を全面的に廃止していることから、高い返還を求めるのは厳しいのが現状です。

今のCFJの状況では、仮に裁判を起こした場合でも、長期化する恐れがあります。

裁判ではCFJ側が現在消費者金融業の経営から退いていることもあり、返済をできるだけ遅らせる対処法を取ってくる上に、多額な返還を避けるために長丁場となることが予想されます。

CFJの場合、長期にわたる裁判の最中に経営不振となり倒産することも考えられるため、裁判を起こす際には注意が必要です。

やはり、法律の専門家を通して、返済額の交渉を行い早期解決するのが得策と言えます。

今のところ和解し、過払い金の返還額が決まっても、実際に過払い金が振り込まれるまで、約1.5か月ほどを要しています。

もしCFJ(ディックファイナンス・アイク・ユニマットライフ)で借り入れをしていたことのある方で、過払い金がある可能性のある場合はぜひ法律家へのお早めのご相談をおすすめします。
>>過払い金請求は続いています。あきらめるのはまだ早い。

ディック(CFJ)の過払い金請求・体験談・事例 48歳 会社員 S.Y.さん 男性

>>管理人(私)の過払い金請求体験談


■関連記事
過払い金請求対象会社別現状・対応状況
管理人(私)の過払い金請求体験談
返済し終わっていれば、請求は確実に可能
過払い金請求をした場合、クレジットカードやキャッシングは使えなくなるの?
過払い金請求は一体いつまで続くのか?時効はいつ来るのか?

過払い金請求に強い法律家ランキング
【過払い金請求に強いお薦め法律家ランキング】

■関連リンク

過払い金請求成功者の体験談
過払い金に強い法律事務所ランキング

無料安心相談のお問い合わせはコチラからどうぞ!

法律事務所豊富な相談実績!初期費用0円!相談無料!あなたのお金が返ってくる!
全国対応 24時間 365日受付!家族に知られない!
>>過払い金請求に特に強いプロの法律家が、あなたのお金を取り返してくれます!

アエルの現状

アエルの過払い金請求現状。アエルは創業当初山一物産株式会社として始まり、その後日立信販株式会社となって全国展開で営業を続けていましたが、日立ローンと言う商標を使い続けたこともあり日立クレジットに不正競争防止法違反で訴えられます。

-金融業者別対応状況

Copyright© 過払い金請求に成功しよう。過払い金請求の体験談 , 2022 AllRights Reserved.