HOME >>クレジットカード、借金のアリ地獄、リボ払いの恐怖

クレジットカード、借金のアリ地獄、リボ払いの恐怖

一見消費者に便利な「リボ払い」は、実はいつまでも返済が終わらず利息がかさみ続けるという悲劇が少なからず生じます。
あなたは返す必要の無いお金を延々と払い続けているかもしれません。

無料安心相談のお問い合わせはコチラからどうぞ!

法律事務所豊富な相談実績!初期費用0円!相談無料!あなたのお金が返ってくる!
全国対応 24時間 365日受付!家族に知られない!
>>過払い金請求に特に強いプロの法律家が、あなたのお金を取り返してくれます!

どの消費者金融業者も「リボ払い」で営業をしている

クレジットカードのリボ払い現在、ほとんどの貸金業者は、リボルビング返済方式(リボ払い)での貸し付けを行っています。

リボ払いとは、「借入限度額の枠をある程度の金額に定め、最低返済金額以上を毎月返済していれば、借り入れ限度枠の範囲内でいつでも追加の借り入れができる」融資契約のことをいいます。

例えば、最初の借り入れのとき、借り入れの限度額が60万円の基本契約書にサインして、満額60万円を借り入れたとして、その後は、毎月最低1万円以上の返済を続けるとします。

そして毎月の返済で借り入れ元本が減り、借入限度枠に余裕ができたときには、さらに数万円の小口の借り入れが出来るようになっています。

リボ払いの目的は、獲得した顧客の維持と、10年〜20年の長期にわたって利息を払い続けさせるという純然たる利潤追求にあります。

つまり、リボ払いを採用することにより借金の完済を防ぎ、顧客に延々と金利を支払わせ、固定的な収入源を得るのが貸金業者の目的です。

だから、各社はみなリボ払いを採用しているわけです。

借金の「アリ地獄」から這い上がれなくなってしまう「リボ払い」

リボ払いの返済は、毎月の支払額が一定額で、毎回の返済額はそれほど高額ではない(1万円〜2万円程度)ので、返済の負担は少なく安心感を感じてしまいます。

クレジットカードのリボ払いしかし、リボ払い方式で消費者金融とつき合いを始めてしまうと、なぜだかいつまでたっても延々と残高が減らないという悲惨な事態を迎えます。

筆者もリボ払いの経験者ですが、一旦借りたら、とにかく終わりの見えない返済に気が遠くなるような思いをしました。

特にほとんど全ての消費者金融業者が採用している残高スライド方式によるリボ払いのケースでは、返済が進んで借入残高が減ると毎月の最低返済額も減るので、いつまでたっても元本がなくなりません。

これも不思議な仕組みです。月々の返済額が減るので、楽になるはずなのに、楽になった感じがしない、実際に楽にならない仕組みになっています。

さらに、まじめにリボ払い返済を続けていると、業者は借り入れ限度枠を広げてきます。借り手は、貸金業者の親切のように勘違いしてしまいます。

そして、銀行のATMで借り入れが出来るので、借り手はあたかも預金残高が増えたような錯覚に陥ってしまい、気がつけば借り入れ限度枠一杯まで追加の借入をしてしまいます。

そして、ついに借り主はいつ終わるとも知れない果てしない返済に追われて、リボ払いの「アリ地獄」から這い上がることができなくなってしまいます。

返済が長期化し、アリならぬ寄生虫に血を吸われるように高い金利をサラ金に支払い続けることになってしまうのです。

元本がいつまで経っても減らない「リボ払い」、筆者も経験しました。

そしていつの間にか満額まで借りてしまいます。これが貸金業者のサービスではなく、策略だと気づいた時にはもう遅いのです。

思い切って生活をがらりと変えて切り詰めないと、返すあては無くなってしまいます。

早めに手を打って、借金を無くすことを考えましょう。そして、貯まった過払い金を取り返しましょう。

約定利息による残高は、いつまでたっても50万円

実際に消費者金融業者から過払い金を取り戻した、Aさんの事例を見てみましょう。

Aさんは、1990年7月に借入を始め、その後徐々に借入残高が増え、1年6ヶ月後の1991年12月には50万円まで借入が増えました。

約定利息による残高最初の借入から4年間くらいの間はがんばって返済の努力を重ねます。

実は4年経過した時点で利息制限法で引直計算すると、借金はほぼゼロになっていました。

94年1月には、返済一辺倒の努力は限界となりました。

返済により余裕が出来ていた借入枠で再度30万円の追加借入をし、貸付残高は50万円に戻ってしまいます。

その後は、借りたり返したりの繰り返しで、2004年6月までのおよそ10年間、50万円前後の貸付残高は変化せず、水平状態(業界用語で「天井張り付き」)で推移してしまっていました。

15年で過払い金は100万円にもなる

一方、利息制限法の法定金利(15〜20%)で計算するとどうなるでしょう。

90年7月に借入をして、93年12月には、一度残高はゼロ円になります。
94年4月に追加借入をした結果、一時的に借入残高は30万円程度まで増加しますが、その後は、順調にどんどん減っていきます。

15年で過払い金は100万円97年4月、最初の借入から6年9ヶ月で借金がゼロ円になります。

借入から10年を経過した時点では、約定利息では貸付残高は約50万円ですが、利息制限法で引直計算すると逆に46万円もの過払い金が発生していたことがわかりました。

そして、2004年8月、過払い金はなんと101万円となります。

約定利息では、残高が50万円あるというのに、利息制限法で引直計算するとその倍以上の額が戻ってくる状態になっていたのです。

消費者金融業者に15年間にわたって、100万円もの積立貯金をしていたわけです。

7年以上なら返す必要のないお金を払っている

過払い金返還請求しようAさんは、特別な人ではありません。
平均的な消費者金融の利用者です。

消費者金融と取引期間が4年ほどあれば借金は半額以下に、6年以上取引があれば貸付残高は限りなくゼロ円に近くなります。

7年以上返済を続けた消費者金融の利用者のみなさんは、返す必要のないお金を業者に返済しているのです。

遠慮することなく、できれば全額取り返しましょう。

あなたの過払い金をシミュレーションしてみましょう

過払い金返還請求について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名・無料で相談したい・・・という方は、当サイトユーザーにも一番人気の街角相談所-法律-」借金解決相談シミュレーターをご利用されてみてはいかがでしょうか?

街角相談所-法律-街角相談所-法律-は、匿名で借金解決相談シミュレーターが利用できます。たった5つの質問に答えるだけで、

「あなたに過払い金が発生しているかどうか?」

「そしてそれはいくらくらいあるのか?」

「いくらお金が戻って来るのか?」

「ブラックリストに載るのか?」

などについてシミュレーションしてくれます。
実名・住所の入力は必要ありません。

過払い金請求するに当たってどの法律事務所を選べばいいのか本当に迷うと思いますが、最小限の情報で利用者にとって一番良心的な法律事務所を探せるサイトとして口コミで評判が高いのが街角相談所-法律-です。

たった5つの質問に答えるだけで、自分の過払い金の有無、回収金額の概算が把握できる「借金解決シミュレーター」を使って、過払い金をシミュレーションしてみましょう。

管理人の私も実際にこの街角相談所-法律-を利用して、過払い金の有無調査・適切な法律家の紹介・金額計算をしてもらいました。そして過払い金返還請求に無事成功しました。
>>管理人の過払い金請求体験談
当サイトランキングユーザーにも一番人気で、大変おすすめのシミュレーターです。

過払い金返還請求に強い法律家ランキング
【過払い金返還請求に強いおすすめ法律家ランキング】


■関連リンク
管理人(私)の過払い金返還請求体験談
過払い金・借金解決相談シミュレーター
クレジット会社も悪徳業者なの?
信販会社でも過払い金はある?
過払い金が発生する条件
返済し終わっていれば、請求は確実に可能
過払い金 シミュレーション
過払い金返還請求成功者の体験談
過払い金に強い法律事務所ランキング

無料安心相談のお問い合わせはコチラからどうぞ!

法律事務所豊富な相談実績!初期費用0円!相談無料!あなたのお金が返ってくる!
全国対応 24時間 365日受付!家族に知られない!
>>過払い金請求に特に強いプロの法律家が、あなたのお金を取り返してくれます!

過払い金にも利息が付くって?

過払い金にも利息が付くことをご存じですか? 過払い金には、銀行預金よりも高い、なんと5%もの利息が付きます。
>>次の記事へ

過払い金シミュレーター【あなたの法律相談Cafe】


あなたの法律相談Cafe


匿名&無料で相談ができる法律の専門相談所
過払い金返還請求について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名・無料で相談したい・・・という方は、「あなたの法律相談Cafe」借金無料減額診断をご利用されてみてはいかがでしょうか?

【あなたの法律相談Cafe】では、匿名にて借金無料減額診断が利用できます。たった4つの質問に答えるだけで、過払い金の有無、回収額の概算をシミュレーションしてくれます。
実名・住所の入力は必要ありません。

当サイトユーザーにもとても人気の過払い金解決相談シミュレーターです。
※債務件数が「1件」の場合はご利用になれません。他のおすすめ法律事務所にご相談下さい。
他のおすすめ法律相談所>>

あなたの法律相談カフェ