過払い金請求はまだ続いています。体験談・口コミ・解説。

過払い金請求に成功しよう。過払い金請求の体験談

金融業者別対応状況

アプラスの過払い金請求現状・対応状況

投稿日:

貸金業者別過払い金請求現状・対応状況
>>過払い金請求は続いています。あきらめるのはまだ早い。

無料安心相談のお問い合わせはコチラからどうぞ!

法律事務所豊富な相談実績!初期費用0円!相談無料!あなたのお金が返ってくる!
全国対応 24時間 365日受付!家族に知られない!
>>過払い金請求に特に強いプロの法律家が、あなたのお金を取り返してくれます!

アプラスの現状アプラスは大手新生銀行グループの信販会社です。2010年以降、株式会社アプラスは、会社分割により、消費者金融業を株式会社アプラスパーソナルローンにクレジット業を株式会社アプラスクレジットに承継しています。

また、旧株式会社アプラスは株式会社アプラスファイナンシャルとなり、株式会社アプラスクレジットは、新しい株式会社アプラスとそれぞれ商号を変えています。

こうした会社分割が行われているケースでは、過払い金の請求がどこに請求していいのか分かりにくい点が問題と言えます。

実際にアプラスと過去に取引があり、ローン契約などが結ばれているケースでも、株式会社アプラスパーソナルローンに過払い金請求を行う場合と新アプラスが引き継いでいるものがあり、ケースによってそれぞれ請求先が異なります。

この請求先については、会社分割直後には裁判で争点となることもありましたが、現在では株式会社アプラスパーソナルローン、株式会社アプラスの双方の連絡が行き届いており、取引履歴の開示を求める場合であっても円滑に進めることができるようになってきています。実際の取引開示までの期間はおおよそ1か月です。

過払い金請求に対しては、はじめから7割から8割を提示することが多く、支払いに関しても対応の良い企業と言えます。

請求側の希望により、増額を求めて裁判の請求を行うこともありますが、実際に判決で争うまでに至らず、和解で解決できています。和解成立後2か月ほどで支払いが完了することが多くなっています。

ただし、キャッシング枠に関しては過払いの対象となりますが、ショッピング枠に関しては過払いの対象となりません。

そのため、ショッピング枠に関して残債がある場合には相殺して計算する必要が出てきます。

相殺しても残債が残る場合には、債務整理扱いとなるため、注意が必要です。法律の専門家に相談し、過払い金請求後に完済となるかきちんと判断を求めることが大切と言えるでしょう。

>>過払い金請求は続いています。あきらめるのはまだ早い。

>>管理人(私)の過払い金請求体験談


■関連記事
過払い金請求対象会社別現状・対応状況
管理人(私)の過払い金請求体験談
返済し終わっていれば、請求は確実に可能
過払い金請求をした場合、クレジットカードやキャッシングは使えなくなるの?
過払い金請求は一体いつまで続くのか?時効はいつ来るのか?

過払い金請求に強い法律家ランキング
【過払い金請求に強いお薦め法律家ランキング】

■関連リンク

過払い金請求成功者の体験談
過払い金に強い法律事務所ランキング

無料安心相談のお問い合わせはコチラからどうぞ!

法律事務所豊富な相談実績!初期費用0円!相談無料!あなたのお金が返ってくる!
全国対応 24時間 365日受付!家族に知られない!
>>過払い金請求に特に強いプロの法律家が、あなたのお金を取り返してくれます!

クラヴィスの現状

株式会社クラヴィスはネオラインキャピタル株式会社(旧かざかファイナンス)の子会社だった消費者金融です。フロックス、SFコーポレーション、ステーションファイナンスを率いていた企業であったが、法定金利改正後過払い金の請求に関して多額の減額を求めていました。

-金融業者別対応状況

Copyright© 過払い金請求に成功しよう。過払い金請求の体験談 , 2022 AllRights Reserved.