HOME >> 成功者の体験談 > > 過払い金請求と債務整理(任意整理など)の違いを教えて下さい。

過払い金請求と債務整理(任意整理など)の違いを教えて下さい。

過払い金請求と債務整理(任意整理など)の違いを教えて下さい。過払い金請求と債務整理、どちらも借金が軽くなることは分かるけれど、何がどう違うのかわからないと言う方も多いのではないでしょうか?

実はこの2つは全く別物です。

過払い金請求と債務整理、双方の違いを一緒に見ていくことにしましょう。

無料安心相談のお問い合わせはコチラからどうぞ!

法律事務所豊富な相談実績!初期費用0円!相談無料!あなたのお金が返ってくる!
全国対応 24時間 365日受付!家族に知られない!
>>過払い金請求に特に強いプロの法律家が、あなたのお金を取り返してくれます!

過払い金請求とは

過払い金請求とは、2006年に定められた法律により、払いすぎた金利の一部を取り戻す請求を言います。

昔、高い金利を上乗せして、貸し付けを行っていた消費者金融、信販会社がたくさんありました。

ですが、その利息制限法が定められたことで、多く支払った分を取り戻すことができるようになったのです。

過払い金請求と債務整理(任意整理など)の違いを教えて下さい実際の利息制限法では、10万円未満の場合、年20%、10万円から100万円未満の場合年18%、それ以上の場合は15%までと定められているため、それを超えた金利でお金を借りていた場合、債務者が業者に申し立てを行うことで、利息の超過分が戻ってきます。

それなら私もと仰る方もおられると思いますが、その高い金利で取引がなかった方や最終取引から10年以上経過している方は、この請求ができません。

また、請求するには条件があり、過払い金請求を起こすと残りの借金を全額返済する必要が出てきます。

戻ってくる金額で完済する場合には問題ありませんが、戻ってくる過払い金で借金がゼロにならない場合、残りの借金を一括で支払わなくてはならないのです。

残債の金額が高額となる場合無理という方もいると思います。

そうした場合、債務整理の方がメリットも大きいと言えるでしょう。

債務整理とは

債務整理は借金の負担を軽くするための、債務者救済を目的とした法律で定められた方法です。

4つの借金整理法がありますが、それぞれメリット、デメリットがあり、自分の希望に合った借金解決法を選ぶことができます。

任意整理

債務者と債権者が交渉して、借金の解決策を探す方法です。

任意整理は債務者と債権者が交渉して、借金の解決策を探す方法取り立てなどに苦しんでいる方もいると思いますが、そうした催促がなくなり、借金を軽くすることができます。

裁判所を介する必要がないため、自由度が高く最も利用されている借金整理法です。

利息を減らしてもらったり、毎月の払う金額を減らしてもらうことができます。

自分の財産(例えば家や車など)も守ることができるため、多くの人がまず初めに考える方法です。

個人再生

個人再生は、裁判所に申し立てを行って借金を減額してもらう方法です。

借金を5分の1(または100万円)に減額してもらう代わりに、その残りの20%分を3年で返済しなくてはなりません。

マイホームや車など個人財産を保持したまま、借金を減額できます。

特定調停

裁判所に間に入ってもらいながら、貸金業と債務者で減額交渉を行う借金解決法です。

利息の引き直しや返済額を減額し、3年から5年で返済可能な額に借金を調整し、和解を求める方法です。

専門家に債務整理を断られた場合でも個人でできる借金減額法です。

自己破産

自己破産は、債務整理の中でも最終手段自己破産は、債務整理の中でも最終手段として使われる方法です。

借金の支払い義務をゼロにすることができる反面、裁判所による厳格な審査と多くのデメリットが課せられます。

20万円以上の財産はすべて処分され、事故情報も10年は残るため、ローンなども組めなくなります。

また、職業や資格に制限を設けられると言うリスクも背負うことになります。

まとめ

過払い金請求を含め、自分に合った借金減額法を利用することが大切過払い金請求は、払いすぎた利息分が入ることで借金を楽にできる方法ですが、法外な利息を支払っていない場合には選択不可能なものです。

しかし、その一方債務整理は借金で首が回らないと思っている誰もが、選択できる可能性があります。

メリット、デメリットを理解した上で、自分に合った借金減額法を利用することが大切です。

専門家に相談しながら、自分にとって一番良い解決策を見つけてくださいね。

補足:過払い金請求の重要性

また、どの債務整理を行う場合でも過払い金の有無・金額を併行して調べるのが常です。

過払い金請求の重要性債務整理を始める際、貸金業者からそ取引履歴を取り寄せ、引直計算をして過払い金発生の有無を確認します。

過払い金が発生していた場合には、その金額を残債に充てることで大幅な借金の減額が見込めます。

多額の過払い金の発生が判明した際、債務整理を行う必要がなくなるということも起こりうることなのです。

実際に多額の過払い金発生が判明した結果、その請求を行うことで借金を完済することができ、自己破産を免れたという例も少なくはありません。

それほどに過払い金請求とは債務整理を考える際、重要視すべきことなのです。

・自己破産が一転、過払い金550万円以上回収 43歳 保険外交員

過払い金の有無を調べてみましょう

上記のケースのように、自分では過払い金が発生していることが判らない場合がままあります。

あなたは、過払い金の対象者ではありませんか?

あなたは、過払い金の対象者ではありませんか?長い間貸金業者とつきあいがある、いつまで経っても借金が減らない、そんな悩みを抱えていたとしたら、過払い金の発生を疑ってみる必要があります。

あなたに過払い金が発生しているかどうか?

そしてそれはいくらくらいあるのか?

いくらお金が戻って来るのか?

簡単にチェックする方法があります。

当サイトのユーザーにも一番人気街角相談所-法律-「借金解決シミュレーター」を使って調べてみましょう。

過払い金返還請求について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名・無料で相談したい・・・という方は、街角相談所-法律-」借金解決相談シミュレーターをご利用されてみてはいかがでしょうか?

街角相談所-法律-街角相談所-法律-は、匿名で借金解決相談シミュレーターが利用できます。たった5つの質問に答えるだけで、過払い金の有無、回収額の概算をシミュレーションしてくれます。
実名・住所の入力は必要ありません。

過払い金請求するに当たってどの法律事務所を選べばいいのか本当に迷うと思いますが、最小限の情報で利用者にとって一番良心的な法律事務所を探せるサイトとして口コミで評判が高いのが街角相談所-法律-です。

たった5つの質問に答えるだけで、自分の過払い金の有無、回収金額の概算が把握できる「借金解決シミュレーター」を使って、過払い金をシミュレーションしてみましょう。

過払い金返還請求に強い法律家ランキング
【過払い金返還請求に強いおすすめ法律家ランキング】


■関連リンク
過払い金返還請求は一体いつまで続くのか?時効はいつ来るのか?
34歳、主婦Oさん、夫の100万円の請求に成功
33歳、サラリーマン、Yさん、今では自動車も保有
32歳、運転手、ギャンブルにハマったKさんの多重債務返還体験談
返済し終わっていれば、請求は確実に可能
過払い金 シミュレーション
過払い金に強い法律事務所ランキング

無料安心相談のお問い合わせはコチラからどうぞ!

法律事務所豊富な相談実績!初期費用0円!相談無料!あなたのお金が返ってくる!
全国対応 24時間 365日受付!家族に知られない!
>>過払い金請求に特に強いプロの法律家が、あなたのお金を取り返してくれます!


過払い金シミュレーター【あなたの法律相談Cafe】


あなたの法律相談Cafe


匿名&無料で相談ができる法律の専門相談所
過払い金返還請求について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名・無料で相談したい・・・という方は、「あなたの法律相談Cafe」借金無料減額診断をご利用されてみてはいかがでしょうか?

【あなたの法律相談Cafe】では、匿名にて借金無料減額診断が利用できます。たった4つの質問に答えるだけで、過払い金の有無、回収額の概算をシミュレーションしてくれます。
実名・住所の入力は必要ありません。

当サイトユーザーにもとても人気の過払い金解決相談シミュレーターです。
※債務件数が「1件」の場合はご利用になれません。他のおすすめ法律事務所にご相談下さい。
他のおすすめ法律相談所>>

あなたの法律相談カフェ